読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジしょうもない話

自分、マジしょうもない話してもいっすか。

 

17歳くらいのときAVという文化に出会いました。(ほんとはダメですもう1年待ちましょう)そのころはエロメンという集団が世間に見つかり始めた時期で、大久保佳代子とか南海キャンディーズとかが深夜テレビやネットテレビでエロメン特集を組んでいたと思います。女性向けに柔らかい表現がウケはじめて、なにより男優なのにそこらへんのタレントみたいな顔の良さや清潔感で、当時AVなんか見たことないわたしでもいかに画期的か容易くわかりました。

 

なにより女性向けサイトが出来たことでわかりやすくAVが女の子に受け入れられたんじゃないですかね、知らんけど。

 

斯く言うわたしも低いハードルを飛び、AVという文化に触れ始めました。サイトでは次期エロメン候補に成り得る顔の良い男たちが軽めの作品に出たり出なかったりしていました。

 

某ジャニーズグループの男前度ランキング番組を模した動画がめちゃくちゃ更新されていました(いま思い返してもなかなか高めの完成度だったと思う。お題がちょっとエッチな以外はキスブサそっくり、あ、言っちゃった)。そこでね、見つけたんです。あっこれは 刹那 だ、っていう存在を見つけたんです。

 

 

松本くんっていうんですけど、すっごい美形で。なにより全部ガサツなの。びっくりするくらいガサツ。え?これ女性向け?ってくらいガサツ。

 

後から知るんですけど、女性向けって極力モザイクを使わないようになっているっぽいです。アングルとかで頑張って局部を隠しているんですね。だから映像みたら大体女性向けか従来のものかってわかりやすい(と思うん)です。

 

でも松本くんの出ている動画は、映像のつくりは女性向けなのに本人はめちゃくちゃガサツだからそのギャップが面白くてね、すごい笑って見ていたんです。なにより超美形だし。めちゃくちゃ顔の良い男が女性向けの動画でめちゃくちゃガサツなセックスしてる、ってなかなか面白かった。少なくともわたしは惹かれた。

 

しかもさらに面白いことにそのガサツ、本性っぽかったんです。メイキングとか某キスブサのフリートークとか随所に見て取れたんですけど、もう 俺様 が全面に出ていた。いやもちろん超美形なんでそれくらいで当たり前だと思うんですけど(生まれつき美形に甘い性質でごめんなさい)、それはそれは清々しいことに自分が一番だった。

 

次期エロメン候補のイケメンたちはみんなツイッターをやっていて、もちろん松本くんも例外じゃなかった。ある日突然、松本くんのツイッターが「今日で松本くんやめます」って言った。

 

松本くんはたしか出始めの頃19歳って公式プロフィールに書いていたけど贔屓目に見ても23歳とかだったと思う。(違ったらほんとごめん)それから2年くらいやっていたと思うから当時アラサー。四捨五入して30歳、だったと思う。「イケメン」っていう売り出し方をされた男優はモブ役とかから這い上がった男優に比べて早く引退するんだと思う。だって技術が違うし、その中でも松本くんはガサツだったし。

 

だから別にショックではなかった。ああこれから生きていても松本くんのAVは更新されないんだってちょっと思っただけ。「みんな今日まで応援ありがとう」って松本くんのツイッターは続けて言っていたから、俺様なのに感謝とかできるんだはじめて知ったって感じ。

 

 

しばらく経ってわたしのタイムラインに見知らぬ名前のアカウントが現れた。こんな人フォローしてたっけって思ったら名前を変えた松本くんだった。なんか強そうな名前ですげえホストの源氏名って感じだった。間違ってなかった。松本くんはホストだった。

 

 

笑っちゃう。男優としてのアカウントを名前だけ変えてホストとして使っていた。すごい面白かった。松本くんのAV流しながら携帯片手にゲラゲラ笑った。ほんとに最高だった。

 

 

一から十まで 自分 みたいな印象を受けた。もちろん会ったことないからもしかしたらそのなかの少しは 自分 じゃないのかも知れないけど。でも、自分のことしか考えてません っていうのがビシバシ伝わってきてよかった。こんなイケメン見たことなかった。最高だった。

 

 

アイドルもタレントも、このご時世AVの世界の人も、みんな繕うでしょ、自分のことを。顔が良かったのはたまたまで、顔の良さで稼いでいるのもたまたまです、わたしは謙虚です。別に良いと思う、ていうかわたしが良い悪いいう話じゃない。生活するためにはお金が必要だし、お金を得るためにはファンをつける必要があるし、そういう職業の人は。でも松本くんにはそれがなかった。松本くんは自分をなにもつくってなかった。(というようにわたしには見受けられた)好かれたいとか微塵も感じなかった。

 

いまでも別に感傷に浸るとか、ない。松本くんのアカウントは鍵がかかってしまっていま何をしているのかわたしにはわからないけど。たまに、もう松本くんの新しいAV見られないのか、ってちょっと思うだけ。なにより美形だし。

 

以上、マジしょうもない話でした。数字とか曖昧な記憶だけだから大幅に間違っているかもしれないです、それはご容赦ください。